メニュー
トップページ
プライオリティパス関連情報
プライオリティパスとは
プライオリティパス会員になるには
プライオリティパスが届くまで
プライオリティパスの体験談
プライオリティパスの同伴者利用
プライオリティパス提携カード
セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
楽天プレミアムカード
SBIプラチナカード
招待制
JCBザ・クラス
三井住友VISAプラチナカード
提携カード比較一覧表
タイプ別比較ランキング
総合申込数順ランキング
年会費で比較
国内空港ラウンジ対応数で比較
その他のランキング
最高額年会費のクレジットカード
プライオリティパスラウンジ
アジア
中国
香港国際空港
インドネシア
スカルノハッタ国際空港
タイ
スワンナプーム国際空港
シンガポール
チャンギ国際空港
北アメリカ
アメリカ
マッカラン国際空港
ヨーロッパ
イギリス
ヒースロー空港
ドイツ
フランクフルト空港
フランス
シャルルドゴール空港
空港ラウンジ・関連知識
空港ラウンジとは・ラウンジ紹介
空港ラウンジの利用方法
マイレージ(マイル)とは
クレジットカードの仕組み
電子渡航認証システム(ESTA)
クレジットスコアとは
空港ラウンジ対応カード
ダイナースクラブカード
アメリカン・エキスプレス
その他クレジットカード
セブンカード
インフォメーション
リンク集
お問い合わせ

プライオリティパスの体験談

「正規の会員費を払わなくても大丈夫です」
寄稿者DATA
プロフィール写真
みなさん(35歳・女性)
プライオリティパス歴:5年 好きな旅行先:ハワイ・ローマ
国内旅行もしますが海外旅行が好きです。特にヨーロッパは何度でも行きたいですね。ハワイ・グアムなどのビーチも大好きです。
手元に届いたプライオリティパスとラウンジリスト

手元に届いたプライオリティパスとラウンジリスト

プライオリティパスの会員になったきっかけですが、私は大の旅行好きでして(特に海外)、年に1度はどこかへ旅にでていることが1番の理由だと思います。飛行機チケットはエコノミークラスですが、クレジットカードを駆使してマイルをコツコツためてはマイラーとして毎年、世界のどこかに行っています。どこかの新しい土地や好きな国に行くことは生き甲斐のようなものです。

特にオーシャンブルーの海にはとても魅力を感じ、特に日本人でも安心していける『ハワイ』は大好きです。

ただ、何度もいろいろなところへ旅行に行っていると、空港内でたまにチラっと目に入ってくるラウンジがすごく気になってしまったのです。

乗り継ぎで使った香港の空港ラウンジ入り口

私が初めて使った香港の空港にあるTravelers’ Lounge

 「あ〜、こんなところでゆっくり搭乗まで待てたらなぁ。。」

始めての海外旅行の時は、空港にいるだけで楽しかったのですが、だんだんと『空港にいる時間は無駄な体力は使いたくない』と思うようになったきた私がいました。飛行機も遅れることも多いですし、いつかはゆったりソファーでコーヒーでも飲んで搭乗までの時間を過ごしたいという思いがありました。

香港のラウンジ『Travelers’ Lounge』はこんな雰囲気です‥(食事も無料です)

香港のTravelers’ Loungeはこんな雰囲気でした(食事も無料です)

そして、ある日インターネットで空港ラウンジについていろいろ調べてみたところ、『プライオリティパスが世界600 カ所以上のラウンジで利用可能』ということを知りました。「ほ、欲しい!」…と思いましたが、やはり気になるのは料金でした。詳細をよく見てみると、何回でも使えるプレステージ会員が$399で、一回ごとに使えるスタンダード会員も$99といった会員費となっていました。

『‥使用回数も考えると微妙かな。。しかも日本語サイトはあっても入会の入力画面は英語だし正直どうなっているのかよくわからない。。』と思ったのです。

しかし、もう少しだけプライオリティパスについて調べてみると、どうやらクレジットカードにプライリティパスが付帯してくるものがあることがわかりました。それも「プライオリティパスが無料でついて、クレジットカードの年会費10,000円〜」 ととてもリーズナブル!

さら詳細を見てみると、付帯されるプライオリティパスは何度でも利用できるプレステージ会員($399)がつくとあって、円相場が1ドル80円前後なことを考えると正確に計算せずとも圧倒的に安いと感じました。そもそも普段使用するゴールドカードの会費に1万円払っていたので、この年会費なら、今持っているクレジットカードの年会費と一緒なので、クレジットカードを乗り換えてしまえばプライオリティパスがついてくる!・・ということに気がついたのです。正直なぜもっと早く気づかなかったのかと思ってしまいましたが、気持ちを切り替え、さっそく申し込みをすることにしました。

もともと航空会社の上級会員の方や、ファーストクラスに乗る方はプライオリティパスがなくても所定のラウンジは使用できるので必要はないと思いますが、私のように『エコノミークラス』が基本ですと国際線に乗る時に、あのゆったりとした空港ラウンジを利用できることはとても重宝しメリットになりました。 

さて、選んだクレジットカードですが、プライオリティパス付きのカードは何種類かあったのですが、維持費を考えると年会費10,000円であった楽天プレミアムカード』か、オプションサービスが充実して、一定額利用すれば年会費10,000円になるセゾン・プラチナアメックスにしぼられました。

2つのカードを比較してみたところ、国内の空港ラウンジの対応数が『セゾン・プラチナアメックス』の多く、プライオリティパス付帯のクレジットカード中でも1番多く対応していました。
(国内にある空港でプライオリティパスが利用できるラウンジは、成田空港しか利用できません。…国内空港も利用するのであれば、国内ラウンジを利用できるクレジットカードをおすすめします※セゾン・プラチナは国内主要27空港対応)

また、プラチナカードとあって海外旅行保険の補償額も十分にカバーできています。面倒な手続きもいっさいなく自動加入されているため、持っているだけで安心して海外に行けるので重宝します。他にも、マイラーにはお得な『SAISON MILE CLUB』登録の会員費全額免除や、スポーツジムの会員費割引、各種優待、コンシェルジュサービスがあったりとゴールドとプラチナの差が目立つ印象を受けました。
その結果、年会費の優遇なしでも差額は十分に埋められそうでだったことと、家賃などをこのカードで決済すれば年会費10,000円になる優遇が可能であったため、セゾン・プラチナアメックスに決めました。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと優待リスト

年会費10,000円(税別)に優遇された、セゾンプラチナアメックス

申込したクレジットカードが届いたら?

プライオリティパスを取得するためにはクレジットカードが届いてから、オプションとしての申請が必要になります。セゾン・プラチナアメックスの場合は、電話連絡のみで申込が完了でき、手元には、連絡後4、5日程度でプライオリティパスが届きました。

また、セゾン・プラチナアメックスはスピーディな対応に好評価を得ておりクレジットカードを申し込んでから10日程度で手元に届くので、お急ぎの場合には断然おすすめです。旅行が迫っている方は、2週間前に申し込めば手元に届くと思います。(私の場合は10日後に手元に届きました。)

プライオリティパスの会員ランクは何度でも無料でラウンジを使用できるプレステージ会員(通常なら年会費$399)なので、なんだか持っているだけ得した気分になってしまいます。…けれども、やっぱり持っているだけでは損してしまうので、年に2回は、このブラック色のカードを出して使いたいと思います。何回使っても料金は変わらないので、気兼ねなく使えるのがいいですね。

いまは空港の下調べをして『ラウンジめぐり』なども楽しみの1つになっています。料理や雰囲気など国によって違ってくるのでなかなかおもしろいです。搭乗時間までもゆっくり過ごせるようになり、だいぶ上手に旅をできるようになってきました。旅行や仕事で海外に行く機会が多ければ是非検討してみてください。

ほとんどの空港ラウンジで無料のインターネットできます

ほとんどの空港ラウンジで無料のインターネットが使えます

プライオリティパス提携カード一覧表へ

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

プライオリティパスが付帯
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 【年会費20,000円(税別)】※年会費10,000円(税別)へ優遇有
    国内空港ラウンジが最大級の27空港対応しており、国内外の幅広い空港ラウンジの利用に最適な1枚です。
  • 『SAISON MILE CLUB〈ショッピングマイルプラン〉』(通常年会費:4,000円 税別)に無料でご登録いただけます。
↓カードの詳細・お申込み公式サイトはこちら↓
メニュー
プライオリティパス関連情報
プライオリティパス提携カード
招待制
タイプ別比較ランキング
その他のランキング
プライオリティパスラウンジ
アジア
中国
インドネシア
タイ
シンガポール
北アメリカ
アメリカ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
空港ラウンジ・関連知識
空港ラウンジ対応カード
その他クレジットカード
インフォメーション
ページのトップへ