基礎知識
1分でわかるインドのこと
インドルピーの紙幣と硬貨
インドルピーの将来性について
インドルピーで資産形成するには
インドルピーの両替方法
インド旅行
インドの世界遺産
インドの経済
インドでの物価相場
インドの産業構造
インドの将来成長予測
インフォメーション
厳選リンク集
お問い合わせ

インドの産業構造

食料自給率が100%を越える

第一次産業 生産量は多く食料自給率が100%を超えています。インフラの未整備課題となっている。

自国関連企業 インフラ系企業

日本関連企業 帝人

第二次産業 自動車産業が急成長をし、小型車を中心に輸出が順調に拡大している。業界第2位であるタタ自動車は、2008年に30万円程度の超低価格車を生産すると発表したことで一躍、世界で有名となった。

自国関連企業 ヒンドゥスタン・モーターズ、タタ自動車、マヒンドラ

日本関連企業 スズキ自動車、三菱自動車

第三次産業 情報サービス業、小売業、ハイテク関連

自国関連企業 

日本関連企業

今後のインドの展望

インフラの整備が遅れており、今後成長と利益を見込めるセクターとして注目をされています。現地では、電力不足、湾港施設の不足をはじめ、道路整備、下水処理など、未だに多くの課題が残っています。

2007年度予算案では、インフラ整備への予算配分を増加し、前年度比40%増の1兆3400億ルピーの投資額となっている。しかし、経済成長持続にはさらにインフラ整備への投資が必要とされおり、その額は今後5年間で14兆5000億ルピー以上と試算されています。